学校図書館の充実についてのお願い

 平素より学校図書館の充実につきまして、ご高配を賜り誠にありがとうございます。学校図書館法の一部改正により、学校司書の活動がより活発になり、学校図書館を利用する読書が盛んになりましたのも先生方のご尽力の賜物と深く感謝申し上げます。次期学習指導要領には、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニングの視点)が示されています。新たに始まった主権者教育には、本に加えて少なくとも新聞四紙が必要です。こうした、子どもたち主体の学びを効果的に実践するには、司書教諭・学校司書の配置及び図書・新聞等が充実した学校図書館の機能が欠かせません。
 つきましては、左記のように学校図書館の充実にご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一 第五次「学校図書館図書整備等5か年計画」の予算化にご支援ください。

 先生方のご尽力によりまして平成二九年度より第五次「学校図書館図書整備等5か年計画」が始まりました。現在、「学校図書館図書標準」が一〇〇%に達した小学校は約七〇%、中学校は六〇%にしか過ぎず、未だ図書整備が十分に進んではいない状況です。(文部科学省 平成二八年)
 そこで、学校司書の配置及び高等学校への新聞配備を含めた第五次「学校図書館図書整備等5か年計画」による予算化について地方自治体への働きかけ等のご支援をお願い申し上げます。

二 学校司書の配置促進、専任化の実現にご支援ください。

 昨年度より小学校・中学校に学校司書の配置を促進する地方財政措置が実施されています。しかし、平成二六年の学校図書館法の改正により法律に位置づけられた学校司書の活動が期待されるところですが、学校司書の配置は、小学校五九・二%、中学校五八・二%、高等学校六六・六%と進んでいるとは言い難い状況です(文部科学省 平成二八年)。また、正規職員の学校司書は、小学校一五・一%、中学校一一・一%、高等学校六三・一%にしか過ぎません(全国学校図書館協議会 平成二九年)。
 そこで、学校司書の配置の拡大及び専任化にご支援をお願い申し上げます。

三 司書教諭の専任化・担当時間の確保、教育委員会による発令にご支援ください。

 学校図書館を活用する読書や学習が年々盛んになっています。学校司書が学校図書館法に位置づけられたことにより、活動範囲も広がってきました。しかし、司書教諭が発令されても多忙な担任との兼務のために、学校図書館に携わる時間が取れず、司書教諭と学校司書の連携した活動が必ずしも十分とは言えません。これでは、せっかく学校司書が配置されても力を発揮することができません。
 そこで、司書教諭の専任化、学校図書館担当時間の確保及び教育委員会発令にご支援をお願い申し上げます。

四 図書館行政の統合による、教育における学校図書館の充実にご支援ください。

 文部科学省平成三十年度概算要求事項において、新設する総合教育政策局で公共図書館と学校図書館を地域学習推進課で一元的に管理するとされています。「主体的・対話的で深い学び」の実現には、主体的に身の回りの事象に取り組む過程を通して、幅広い知識や思考力、豊かな経験が必要です。
 そこで、図書館行政の統合により、教育における学校図書館の位置付けが低下することのないようご高配をお願い申し上げます。

平成三十年二月九日

●議院議員              ●● ●● 様

●●学校図書館協議会

このページのトップへ