学校図書館の充実についてのお願い

 平素より学校図書館の充実につきまして、ご高配を賜り誠にありがとうございます。
 学校図書館法の一部改正により、学校司書の活動がより活発になり、学校図書館を利用する読書が盛んになりましたのも先生方のご尽力の賜物と深く感謝申し上げます。
 次期の学習指導要領は、主体的・対話的で深い学び(「アクティブ・ラーニング」の視点)がキーワードとなり、学習が実施されます。この学習を進める上で学校図書館の機能の充実がこれまで以上に求められ、学校図書館の資料や人の配置の充実が大きな課題となります。
 つきましては、左記のように学校図書館の充実にご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一 第五次の「学校図書館図書整備等5か年計画」の予算化にご支援ください。

 平成二四年より実施された第四次の「学校図書館図書整備5か年計画」は、今年度で終了となりますが、先生方のご尽力によりまして平成二九年度から第五次の「学校図書館図書整備等5か年計画」が始まります。現在、「学校図書館図書標準」が一〇〇%に達した小学校は約七〇%、中学校は六〇%にしか過ぎず、まだ図書整備が十分に進んではいません(文部科学省 平成二八年)。また、新たに新聞購読費を予算化した自治体の割合は一八・四%であり、学校司書配置の経費を予算化した割合は一四・七%です(学校図書館整備推進会議 平成二八年)。このように、まだ学校図書館の整備は十分には進んでおりません。
 そこで、平成二九年度より学校司書の配置及び高等学校への新聞配備を含めた第五次の「学校図書館図書整備等5か年計画」による予算化について地方自治体への働きかけ等のご支援をお願い申し上げます。

二 学校司書の配置促進、専任化の実現にご支援ください。

 平成二九年より小学校・中学校に学校司書の配置を促進する地方財政措置が実施されます。これは、一・五校に一名の割合で学校司書を配置するための財政措置です。しかし、調査の結果によりますと、これまで配置していなかったが新たに配置した自治体は、前述のように大変少なく、これまで配置していたがさらに増やした自治体は、六五市区町村(一三・二%)に過ぎません(学校図書館整備推進会議 平成二八年)。また、常勤の学校司書は、小学校約一二%、中学校約一七%、高等学校五五%にしか過ぎません。
 そこで、学校司書の配置の拡大及び専任化にご支援をお願い申し上げます。

三 司書教諭の専任化・担当時間の確保、教育委員会による発令にご支援ください。

 学校図書館を活用する読書や学習が年々盛んになっています。学校司書が学校図書館法に位置づけられたことにより、活動範囲も広がってきました。しかし、司書教諭が発令されても多忙な担任との兼務のために時間が取れず、司書教諭と学校司書の連携した活動が必ずしも十分とは言えません。これでは、せっかく学校司書が配置されても力を発揮することができません。
 そこで、司書教諭の専任化、学校図書館担当時間の確保及び教育委員会による発令についてご支援をお願い申し上げます。

平成二九年二月三日

●議院議員              ●● ●● 様

●●学校図書館協議会

このページのトップへ